私の人生を生きるために

50代になり、毒親育ちだったと気づいた人のブログ

最高裁判所長官より偉い母

このタイトル、冗談ではない。

母の決めた(偏った)「基準」は子どもの頃のわが家では日本国憲法より上位に位置し、
母の判断・見解・憶測…は最高裁判所の判断よりも拘束力があるようだった。
つまり、母は最高裁判所長官より偉い。

そして、母の「考え」は、最終の、ひっくり返すことのできない最高裁判決である。



例えば…、空気みたいな父。
あんな顔がモテるわけがない。
それなのに、母はたびたび父の浮気を疑った。
疑う=犯罪確定=逮捕拘束=精神的死刑判決である。

父は食事を与えられず、職場に怒鳴り声のワン切り電話をかけられ、物を投げられ(怪我で病院に運んだこともある)、つかみかかられ、罵られ、絶対服従と子どもたちの前で言われ、親戚に言いふらされ…
すごいDVだ。

父はモテるわけがないのだ。
でも、普段からギリギリ、ギャーギャー喚き散らす母から心が離れても(どうせお見合い結婚だし)、なんの不思議もない。
よくぞあそこまで耐えたものである。
さすが、究極の事勿れ主義である。
あきれたものだ。





母の「絶対に正解な」考えに、子どものころは翻弄された。

例えば、
昔のプロ野球の日本シリーズ。
母によれば、あれは「八尾長」である。
勝ち負けが決まらずになるべく最終日まで引っ張れば儲かるから、「談合」して勝ち越さないように程々に勝ち負け均衡させているに違いない!
と母は得意げに最高裁判決を子どもたちに披露していた。
わが家の最高裁判所長官最高裁判決であるから、子どものころはこのようなことを、たくさん信じていた。





そして、この最高裁判所長官は、娘が成長して女らしくなることに嫌悪感をさらけ出してきた。
年頃の娘はおしゃれしたい。かわいい服を着たい。
しかし、「そういうもの」はくだらないんだそうだ。
清廉潔白、質実剛健、武士道…みたいな価値観で娘が色気づかないように、慎重だった。
着る服も、いわゆる清楚系を着るようにと最高裁長官はおっしゃった。
そうすれば、最高裁判所長官のお眼鏡にかなう、いわゆる3高の男が婿になる、という作戦だった。

全部、最高裁判決に従ったものね。
父が最高裁長官の気にくわない行動で死刑にあってるのを見てるから、従わざるを得ないわね。
恐怖政治。
三権集中。独裁政治。暴君ネロ。

ネロは今でもネロである。


若い頃、暴君ネロに荒らされた私の心に、最近ようやく花が咲き始めたところだったのに、
暴君はまた土足でやって来て、花を蹴散らし、蕾を摘もうとした。

暴君にとっては、私が花を咲かせることが我慢ならないのである。
最近の暴君は、私を蔑み否定する言葉を少しずつ、少しずつ、吐き出すようになっていた。
そろそろ満水だと思った。
案の定、暴君ネロのダムは決壊し、私に死刑判決を下してきた。

許せない。

母が、娘である、この私に、最も言ってはいけない言葉だった。

フラッシュバックする思い。

永遠に理解されない私の願い。
死ぬまで否定し続けるつもりだろう。

許せない。


毒親ランキングへ